余暇進が総会、笠井会長が再任

519web余暇進余暇環境整備推進協議会は5月19日、都内竹芝のホテルインターコンチネンタル東京ベイで平成27年度定時社員総会を開催し、第二号議案に上程された理事及び監事選任の件では、笠井聰夫会長の続投を決議した。また副会長には、金海龍海氏と千原行喜氏が再任した。

総会では、警察庁生活安全局保安課の大門雅弘課長補佐が来賓として挨拶を行ったほか、大阪商業大学総合経営学部の美原融教授が講演。そのうち、美原教授は、カジノと遊技を対比させた議論が今後高まりを見せていくとの考えを示しながら、パチンコ業界が率先して様々な問題に対する改善策を示す重要性を指摘した。

総会後の懇親会では、各業界団体からの幹部が28人が臨席。来賓を代表して挨拶を行った日遊協の庄司孝輝会長は依存問題に触れ、「カジノよりも先に、業界として依存リスクを示すことが大切なのではないだろうか。そのために、各団体でセミナーを開きながら、自分たちの問題として捉えることが重要だ」と述べ、力を注いでいく考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.