機構が中間報告、保通協試験時からは「ほど遠い」が改善の兆しも

遊技産業健全化推進機構は8月3日、今年6月1日から実施しているぱちんこ遊技機の一般入賞口の入賞状況調査結果(6〜7月)を発表した。当初9月の発表を予定していたが、情報公開を早めることで、さらなる改善を促すことが目的。

それによると、一般入賞口の入賞状況の調査結果としては、保通協試験時の状態からは「ほど遠い」としながらも、6月より7月の方が一般入賞口に入賞した台数割合が増加していると指摘。一般入賞口の入賞数も、3,000個の打ち出しに対し、二桁に達した遊技機も確認できたことから、「市場においては改善の兆しが少しみられる状況になった」と判断している。

6月に行われた全国7地区23店舗の32台の調査では、一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数が9台(28.1%)だったのに対し、7月の調査では、全国25地区76店舗の124台のうち、53台(42.7%)で一般入賞口への入賞が確認されたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.