全商協が「南相馬市 鎮魂復興 市民植樹祭」に参加

全商協植樹001全商協・社会貢献委員会は10月23日、災害から命を守る森づくり活動を行っている「鎮守の森のプロジェクト」による福島県南相馬市での「第4回 鎮魂復興 市民植樹祭」に参加し、約1時間半にわたって、苗木の植え付けやワラ敷き、縄張りなどといった作業を行なった。植樹祭には市民ボランティア2500人が参加。この日一日でタブノキやヤブツバキなど、合わせて21種類2万本分の苗木を植樹をした。
 
植樹に先立って行われた開会式で挨拶した南相馬市の桜井勝延市長は、震災によって南相馬市でも636人が死亡し、なおも111人が行方不明になっていることを明かすとともに、「鎮魂だけでなく新たに生まれてくる命を大切にしていく作業として1本1本苗木を植え、多くの人の命を守っていこう」とイベントの意義を強調した。
 
開会式では、平成30年に福島県で開催される「全国植樹祭」に向けて県内で展開されている「森と絆づくり植樹リレー」のプレート引き継ぎのセレモニー、チアリーダーらによるパフォーマンス、ルー大柴さんによるクイズ大会なども催された。
 
鎮守の森のプロジェクトは、元総理の細川護煕氏が理事長を務める団体で、、これまで延べ4万人の協力のもとおよそ33万本の苗木を植樹してきた。全商協は、このプロジェクトの活動に賛同し同団体の発足当初から植樹活動に参加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.