全日本社会貢献団体機構が総会

貢献機構全日遊連が母体となって設立された全日本社会貢献団体機構は5月22日、都内新橋の第一ホテル東京で平成27年度の通常総会を開催した。
 
総会冒頭の挨拶で堀田力会長は、平成26年の全日遊連の傘下組合、ホールにおける社会貢献実績が、厳しい現実にありながら過去10年の平均を上回る拠出額だったことを評価するとともに、今後も創意工夫のある活動に取り組む必要を示した。
 
助成事業の報告では、一般助成の「子どもの健やかな成長を願う事業」で122件2億5593万円、特別事業「東日本大震災の被災者を元気づける事業」で65件2億1101万円の申請があったことを報告した。
 
28年度の助成事業では、「子どもの健やかな成長を願う事業」を継続し、特別助成は東日本大震災関連の「コミュニティ強化支援事業」に絞って募集するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.