全日遊連 貯玉アンケートの回答期限を延長

全日遊連は10月9日、現在行っている貯玉補償制度に関するアンケートの回答率を向上させるため、10月10日までだった回答期限を17日まで延長するとともに、回答率向上に向けた呼びかけを行うよう、各都府県方面遊協に要請した。
 
アンケートは、全国の組合員ホールを対象に9月26日から実施しているもので、現状の貯玉補償制度について、システムの導入状況から貯玉補償基金への加盟の有無、また現行システムの認識状況などを質問。さらに、貯玉補償額の上限を30万円相当に引き下げることを関係団体との会議で提案することを前提に、その賛否を尋ねている。
 
全日遊連の要請文によると、10月5日現在の全体の回答率は30%弱。「アンケートは貯玉・再プレーシステム改革の第一歩であり、本調査の結果をもって、貯玉補償基金はじめ関係事業者に対し、全日遊連の総意を強く伝えたい」とし、高い回答率を必要としている状況であることの理解を求めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.