全日遊連 18禁対応強化で指差し確認シートの活用促す

全日遊連【多言語POP】年齢確認指さしシート横ver_日本語(断り書きなし)全日遊連は5月29日、各都府県方面遊協に対して、パチンコ店への18歳未満立入禁止の徹底と指差し確認シートの活用について組合員ホールへの周知を促した。
 
政府によるギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議が3月に発表した「ギャンブル等依存症対策の強化に関する論点整理」で、営業所での賞品提供時においても年齢確認を実施するなど、18歳未満の者の営業所への立入禁止の取組みを強化する必要があることが明記されたことを受け、パチンコ・パチスロ産業21世紀会がその方法について検討。年齢確認シートを各店舗の賞品カウンターに備え、18歳以上かどうか判別が難しい客に対し、賞品提供時に指差し確認を行うこととした。店舗入口の注意喚起表示や店内巡回などの従来の対策に加え、「ダブルチェック」を行うことによって18歳未満の立入禁止の取組みを徹底する。
 
確認シートは各店舗の賞品カウンターに備え置き、賞品提供時に活用。客が「いいえ」を指差し、18歳未満である旨の本人からの申告があった場合は、持ち玉による賞品提供、遊技代金の返金等には応じず、直ちに退店させることとしてた。また、こうした事例が発生した際には、その人数を把握し、警察庁に報告することとし、当該事例の「発生日時」「人数」「当該客の年齢・性別」を各都府県方面遊協を通じて全日遊連に報告するよう求めた。
 
全日遊連では、確認シートの使用は18歳以上かどうか一見して判別できない客だけとし、全ての客に使用した場合はトラブルの元になるとして注意を促したほか、トラブル防止のため、18歳未満の立入禁止と、ルールに違反した場合の対応をあらかじめ客に認知されていることが重要だとして、店内ポスターや遊技機・精算機・周辺機器まわりのステッカー、店内アナウンス等による明確な告知を促している。
 
確認シートは日本語のみと英語を併記したバージョンを用意。 全日遊連一般向けホームページから組合員専用のIDとパスワードを入力してダウンロードする。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.