全日遊連、西日本豪雨における組合員被害状況を報告

全日7月会見全日遊連は7月18日、都内新橋の第一ホテルで全国理事会を開催し、理事会後の記者会見で西日本豪雨における組合員ホールの被害状況を報告した。

17日までに全日遊連に寄せられた情報によると、河川の氾濫などで浸水被害を受けた組合員ホールは岡山県内で3店舗、広島県4店舗、愛媛県5店舗の計12店舗。なかには天井近くまで水没したホールもあるという。詳細が把握されていないエリアもあり、被害に遭ったホール数は今後、さらに増える見通し。今のところ人的被害の報告は入っていない。

西日本豪雨で極めて深刻な被害が出ていることを受け全日遊連では7月12日付けで遊技機及び周辺設備等の供給団体で構成される全国遊技機組合連合会(全機連・筒井公久会長)に対し、被災ホールへの支援を求める文書を送付。現在、ホール営業の要となっているのは認定機を中心とした旧規則機であり、これらの遊技機が被害を被った場合、廃業せざるを得ないホールが出るおそれがあるとして、被災ホールの遊技機及び周辺機器の修理や復旧、必要とする資材の供給・搬送等に特段の配慮を求めている。

記者会見で阿部恭久理事長は、「要望があれば対応をする考えを伝えてきたメーカーもある。これで営業を止めるホールを、できるだけ少なくしたいという思いをメーカーの方にも持っていただけるのは、非常にありがたく受け止めている」と述べるなどした。

また、6月18日に発生した大阪府北部地震では、12市1町の65店舗で壁や天井に亀裂が入るなどの被害があったことが報告された。これを受け当日の理事会では、災害被災地組合に対する規定の見舞金の支出を決議した。

は7月18日、都内新橋の第一ホテルで全国理事会を開催し、理事会後の記者会見で西日本豪雨における組合員ホールの被害状況を報告した。
 
17日までに全日遊連に寄せられた情報によると、河川の氾濫などで浸水被害を受けた組合員ホールは岡山県内で3店舗、広島県4店舗、愛媛県5店舗の計12店舗。なかには天井近くまで水没したホールもあるという。詳細が把握されていないエリアもあり、被害に遭ったホール数は今後、さらに増える見通し。今のところ人的被害の報告は入っていない。
 
西日本豪雨で極めて深刻な被害が出ていることを受け全日遊連では、7月12日付けで遊技機及び周辺設備等の供給団体で構成される全国遊技機組合連合会(全機連・筒井公久会長)に対し、被災ホールへの支援を求める文書を送付。現在、ホール営業の要となっているのは認定機を中心とした旧規則機であり、これらの遊技機が被害を被った場合、廃業せざるを得ないホールが出るおそれがあるとして、被災ホールの遊技機及び周辺機器の修理や復旧、必要とする資材の供給・搬送等に特段の配慮を求めている。
 
記者会見で阿部恭久理事長は、「要望があれば対応をする考えを伝えてきたメーカーもある。これで営業を止めるホールを、できるだけ少なくしたいという思いをメーカーの方にも持っていただけるのは、非常にありがたく受け止めている」と述べるなどした。
 
また、6月18日に発生した大阪府北部地震では、12市1町の65店舗で壁や天井に亀裂が入るなどの被害があったことが報告された。これを受け当日の理事会では、災害被災地組合に対する規定の見舞金の支出を決議した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.