全日遊連がファン感「ダブルチャンス賞」の抽選会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA昨年11月13日から3日間にわたって開催された「第25回全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」のWチャンス賞抽選会が1月27日、都内新宿区の遊技会館で行われ、全日遊連関係者立会のもと、2550本の当選者を決めた。

Wチャンス賞はファン感期間中に、「Wチャンス賞応募ハガキ進呈」と記載されたくじを引いたファンの応募ハガキの中から抽選されるもので、今回は1等賞品(10本)に「ハワイオアフ島フリープランペア3泊5日の旅」、もしくはパナソニック「4K対応60V型テレビビエラ」をはじめ、2等賞品(20本)にパナソニック「電動アシスト自転車グリッター・EB」など、数多くの豪華賞品が用意された。

抽選会は11万6182通の応募ハガキのなかから、佐藤孔一副理事長(新潟)金在哲事業委員長(大分)全本和由副委員長(鳥取)をはじめ事業委員会によって1等〜7等賞の当選者が厳正に抽選され、8等賞、9等賞、およびヤクルトミルーズ賞、ヤクルトきになる野菜賞の抽選については、全日遊連事務局立会のもと幹事商社であるそごう・西武によって行われた。また、会場では昨年11月1日から2カ月間にわたってインターネット上で実施した「一般のファンの方々に対する全国パチンコ・パチスロ感謝デーのアンケート」の回答者のなかから50名に1000円分のクオカードが当たる抽選会も行われ、佐藤副理事長がパソコンで乱数抽選した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.