全日遊連が通常総会 「行政講話への対応に一層の努力を」

全日遊連総会全日遊連は6月23日、都内品川のホテルで第24回通常総会を開催。総会冒頭の挨拶で阿部恭久理事長は、「遊技参加人口の減少やホールの休廃業が相次ぐなど、業界は厳しい環境に置かれている。また、様々な要因でもって以前にも増してマスコミ等から業界の問題点が注目されるなど、現状改善に向けた課題は山積している。こうした状況を真摯に受け止めなければならない」と述べ、先に開催された日遊協総会における警察庁保安課長の講話内容への対応に一層の努力が求められている状況を強調した。さらに阿部理事長は、「これらの施策の実効を期すため、諸団体と良好な関係を築き、ホールの要望が各方面に届くよう全力で取り組みたい」と述べるなどした。

議案審議では上程された全ての議案を可決・承認した。役員の補充選任では、各県遊協で新たに理事長に就任した諸田英模氏(福島)、平文暉朗氏(茨城)、田中幸也氏(千葉)、山本祖助氏(広島)、金栄作氏(山口)の5名を新理事に選任した。

総会後の祝賀パーティでは、警察庁保安課の小柳誠二課長が来賓挨拶を行った。小柳課長は「遊技人口が減少傾向にある中、1円パチンコに代表される遊技料金の低価格化、不正防止対策、射幸性を抑えた遊技機の開発等、幅広い年齢層の方々に少ない遊技料金で遊技そのものの面白さを楽しんでもらうための努力を続けてこられたが、依然としてのめり込みに起因すると思われる各種問題や、遊技機の不正改造事犯、賞品買取事犯、違法な広告宣伝と賞品提供が後を断たないなど、健全化を阻害する要因が残されていることも事実。こうした問題ひとつひとつに業界は責任をもって取り組み、パチンコ業界から不正を徹底して排除し、パチンコ遊技が手軽に安く安心して遊べる真の大衆娯楽になるようご尽力いただきたい」と述べ、今後も引き続き各種の健全化に向けた取り組みを推進するよう促した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.