全日遊連が遊技機の重量と筐体形状制限で要望書

全日遊連は8月3日、日工組に対し、遊技機の重量や筐体形状等の制限について検討を求める要望書を提出した。

要望書では、近年、価格の高騰と比例して、遊技機の重量化と筐体形状等の大型化が進んでいる状況を示し、一連の傾向は遊技機の出玉規制の強化が進む中にあって、メーカー開発陣が趣向を凝らした結果であることに一定の理解を示しながら、梱包資材を含めて60キログラムを超える遊技機などは、ホールへの運搬・納品設置作業に支障をきたすほか、過剰労働や人件費の高騰化を招く大きな要因になっていると指摘している。
 
さらに、大手運送会社が、事実上、遊技機の運搬を行わない措置に踏み切るなど、遊技機の運搬そのものが危機に晒されているほか、過剰なまでの重量によって島設備への深刻な影響が懸念されるなど、遊技客への安全確保といった観点も含めて現状を問題視。日工組内で、一定のルールを策定するよう強く求めている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.