全日遊連会見、3次リスト回収に伴う補償問題は平行線

IMG_1124web全日遊連は9月16日、都内新橋の第一ホテルで全国理事会を開催し、理事会後の記者会見で、第3次回収リスト掲載機における日工組との補償問題を巡る議論が、依然として平行線を辿っていることを明らかにした。

会見で阿部恭久理事長は、「今後は個社対応と言われるが、そうなるとどこもやらないということになりかねない」と懸念を表すとともに、「メーカーは売った時点で利益が確定するが、ホールはそうはいかない」と利益構造の違いを強調。今後も交渉を継続していく意向を示した。

一方、第1次および第2次リストに記載された遊技機の撤去状況については、99%超が外されたとし、月内には最終的な撤去状況が取りまとめられることが分かった。

さらに今後は、年末が期限となる第3次回収リスト掲載機の撤去をより推し進めるため、現在の7団体連絡会議に日電協と回胴遊商を加え、9団体が参加する連絡会議に発展させる方針だという。

なお、全日遊連がまとめる各都府県方面遊協の組合員数調査によると、8月末の全国の営業所数は前の月から15店減の1万77店。月内の新規店は11店舗で、廃業店は34店舗だった。

遊技機台数は、パチンコが5,146台減の259万3,413台と減少傾向が継続、一方のパチスロは、2,639台増の152万5,490台と、3カ月連続で設置台数を増やした。その他遊技機を含めた総台数は2,507台減の411万9,006台になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.