全日遊連組合員数調査 年度末で店舗数が大幅減

全日遊連が行う各都府県方面遊協の組合員数調査によると、3月末時点の営業店舗数は前の月から63店の大幅減で1万210店になった。月内の新規店はわずか7店と振るわず、一方の廃業店が61店舗に上ったことで、全体で大きく減らした。

例年、年度末となる3月期は廃業店舗数が多いが、昨年の51店舗、一昨年の55店舗を上回った。当月内に発生した休業店舗も20店舗と高い数字を示し、休業店舗数の全体は137店舗になるなど、厳しさを募らせている。

遊技機台数はパチンコ機が1万2365台の大幅減で263万1433台に減り、増加基調が続くパチスロ機もホール数の大幅減の影響で2729台減の151万4168台になった。その他遊技機を含めた総台数は1万5094台減の414万5757台。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.