全日遊連組合員数調査 年度末で店舗数が大幅減

全日遊連が行う各都府県方面遊協の組合員数調査によると、3月末時点の営業店舗数は前の月から63店の大幅減で1万210店になった。月内の新規店はわずか7店と振るわず、一方の廃業店が61店舗に上ったことで、全体で大きく減らした。

例年、年度末となる3月期は廃業店舗数が多いが、昨年の51店舗、一昨年の55店舗を上回った。当月内に発生した休業店舗も20店舗と高い数字を示し、休業店舗数の全体は137店舗になるなど、厳しさを募らせている。

遊技機台数はパチンコ機が1万2365台の大幅減で263万1433台に減り、増加基調が続くパチスロ機もホール数の大幅減の影響で2729台減の151万4168台になった。その他遊技機を含めた総台数は1万5094台減の414万5757台。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.