全日遊連組合員数調査 店舗数大幅減も台数規模は維持

全日遊連による各都府県方面遊協の組合員数調査によると、平成27年3月末現在の営業店舗数は、前の月から42店舗の大幅減で1万0571店となった。月内の新規店数がわずか5店舗と振るわず、一方の廃業店数は年度末特有の動きを示し、51店舗にも上った。
 
遊技機台数はパチンコ機が268万9,043台で前月比1,926台の減。増加基調が続く回胴式遊技機は126台増の150万5,010台だった。その他遊技機を含めた総台数は1,800台減の419万4,209台でほぼ横ばいだった。
 
トータルでの店舗数が大きく減少したにも関わらず、台数規模を維持したことで、店舗の大型化がさらに進んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.