全遊振が例会、三井会長が財務体質の強化訴え

zenkei0416全国遊技ビジネス振興会は4月16日、都内上野のホテルパークサイドで第3期の3回目となる例会を開催した。

同会の三井慶満会長は冒頭、現在の厳しい景況感を踏まえ、「たとえ今の粗利から30%減ったとしても、会社を維持できるように備えておくことが重要だ。借入金を減らし、月々の支払を抑えるなど、会社の財務環境を整備しておくべき」と述べ、業況のさらなる悪化に対するリスクヘッジの必要性を訴えた。

また例会では、トータル・ノウ・コネクションズ(TKC)の高橋正人社長が講演。高橋氏は、のめり込み問題をはじめ、中古機流通などといった業界を取り巻く最近の諸課題を解説しながら、今後の見通しを示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.