セミナー全景(1)全国遊技ビジネス振興会は9月20日、都内台東区のホテルパークサイド上野で、第6期第7回の例会・セミナーを行った。
 
例会の冒頭、三井慶満顧問は、先般、西日本豪雨被災地への支援活動や、島田療育センターへのボランティア活動に参加したことを報告。「初めての参加だったが得るものが多く、貴重な体験をさせていただいた。あらためて感じたことは、どんな人も、どのような状況に置かれても、人間は遊びや喜び、楽しみといったものが必要なんだということ。全遊振も遊びに携わっている事業者として、『厳しい、苦しい』だけでなく、ポジティブで前向きな姿勢で事にあたらなくてはならない」と挨拶を述べた。また、三井顧問は社内で65歳以上の高齢者を対象とした新たな取り組み「JJBBプロジェクト」を発足させたことを告げ、高齢化社会を迎える今後、ホールはお店に訪れるお年寄りたちにセーフティネットとしての役割を果たし、新たな価値観を提供して行く必要があるのではないか、と呼びかけた。
 
セミナーでは、TKC代表でJAPaN代表理事でもある高橋正人氏が、2020年に向けたホール経営について講演。高射幸性スロット機をはじめとした旧基準機の撤去や、消費税の増税、健康増進法への対応などについて、「対処するには多額なコストがかかり、しかも、それは売上や稼動を伸ばすためのものではなく、現状より悪化させないためだけのもの。この2年間でいかに無駄を省けるかが鍵になる」と語り、各課題ごとに効率的なマネジメントを解説した。なお、第一部の講演では知財研究所の代表取締役でCEOの磯部賢氏が、学生時代に感銘を受けたというナポレオン・ヒルの著書「思考は現実化する」に基づきながら、様々な成功体験を紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.