全関東連総会で伊坂会長が再選

OLYMPUS DIGITAL CAMERA全関東連は7月2日、新潟県長岡市で第27回定時総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で伊坂重憲会長(神奈川)の再選を決めた。

開会の挨拶で伊坂会長は、昨年10月の常任理事会において東京都遊協が新たに加盟したことを報告。「これまで親睦団体の色合いが強かった全関東連だが、およそ4000店舗を抱える大組織となったことで今後は行動する組織に生まれ変わらなければならい。もとより全関東連は阿部恭久副会長(東京)はじめ、山田茂則副会長(埼玉)、青松英和副会長(長野)など歴代の全日遊連理事長を輩出している組織でもある。全日遊連の中核組織として関東から全国に新たな提言も行っていきたい」と意欲を語った。

議長団に岩河健一副会長(栃木)、平文暉朗副会長(茨城)を選出して行われた議案審議では、全ての上程議案が拍手によって可決承認された。任期満了に伴う役員改選では、伊坂会長の再選のほか、田中幸也氏(千葉)の副会長就任に伴い、監事として新たに宮澤俊二理事(静岡)を承認。また、収支予算案では台あたり賦課金の引き下げが行われるなどした。

来賓には新潟県警察本部生活安全部の大和武彦部長、同企画課の星隆男指導官、長岡警察署の皆川宏人署長、さらに全日遊連の片山晴雄専務理事が臨席。そのなかで大和部長は、のめり込み問題への対応や置き引き対策など全関東連の取り組みを評価しながら、一方でパチンコは身近で安心して遊べる大衆娯楽でなければならないと指摘し、業界に山積されている課題に対して改善に向けた取り組みを要請した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.