八王子・高尾・南大沢組合が恒例の福祉ボウリング大会

%e5%85%ab%e7%8e%8b%e5%ad%90%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99web1東京都遊連の八王子・高尾・南大沢組合は11月21日、毎年恒例の「ふれ愛ボウリング大会」を開催した。今回で23回目の開催で、会場となった八王子市内の「SAP日野」に、市内の社会福祉法人「八王子いちょうの会」が運営する福祉作業所6カ所から、利用者や職員など約150人を招待した。
 
ボウリング大会終了後にはチャリティー基金の贈呈式を開催し、八王子組合の宮本勲組合長が「業界環境は大変厳しいが、地域社会のお役立てになればという組合員ホールの理解と協力があって続けられている。この『ふれ愛ボウリング大会』をはじめとして、これからも可能な限り地域社会のために頑張っていきたい」と挨拶。その後、3組合のホールから寄せられた浄財を、八王子いちょうの会の崎田京子理事長に手渡した。
 

崎田理事長は3組合に感謝の言葉を述べた後、「重度の障害のある方でも本当に楽しそうにボウリングをしていて、普段は見ることができない姿を目の当たりにして、あらためて感動した。業界は厳しいと伺っているが、そうした中での継続開催には本当に感謝してる」と挨拶した。
 
さらに3組合では11月25日、八王子市社会福祉協議会に寄付金100万円を寄贈。6回目の寄贈を受け、社会福祉協議会の名誉会長を務める石森孝志市長は、「今年も温かい善意を寄せていただき、ありがとうございます。貧困という大きな社会問題に我々も施策を行っているが、きめ細かな支援は民間の方々にお願いするところがある。3組合の方々には、引き続き八王子の地域福祉の充実にご貢献いただければ」と謝意を表した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロともに保通協適合率が微増

2019/11/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.