兵庫県連青年部会長に米田邦広氏を選出

兵庫青年部兵庫県遊技業協同組合連合会青年部会は5月9日、神戸市内のANAクラウンホテルにおいて総会を開催し、役員改選で新支部長に米田邦広氏を選出した。
 
総会の冒頭挨拶を行った北本幸寛部会長はその中で昨年の業界の動向などについて触れ「検定機と性能の異なる可能性のある遊技機の問題やのめり込み問題、ホール内での防犯など問題が山積みの年だった。営業も厳しく景況感もない」などと振り返るとともに、手軽な大衆娯楽に立ち戻るために団結が必要だと述べた。
 
審議では各委員会活動や決算などの事業報告、事業計画案の設定が上程され、全て原案通り承認された。 
 
役員改選では議長一任によって常任委員14人を選任。常任委員会で新部会長に米田邦広氏、副部会長に林和宏氏、平山晶勝氏を選出した。米田氏は就任の挨拶のなかで「伝統ある兵遊連青年部会の礎は諸先輩方の努力で築かれたもの。業況は厳しいが諸先輩方の築いた身近で手軽な大衆娯楽の確立のため、効果的な活動を行っていきたい」などと決意を語った。

セミナーでは讀賣テレビ放送の西田二郎営業企画開発部長が「ヒット番組をつくる」をテーマに講演。「11PM」「EXTV」「ダウンタウンDX」など、西田氏が手掛けた番組のヒットの秘訣や、ダウンタウンとのエピソードなどを語った。

来賓では、兵庫県警本部生活安全部生活環境課の横山弘課長、兵庫県遊連の米田義一会長らが祝辞を述べた。横山課長は伝承について語り「古くからの手法に若い人の知恵を付け足すことで業界の発展につながることを期待する」などと述べた。米田会長は「私が初代部会長をつとめてから41回目の総会で、私の長男が部会長に就任した」などと青年部会の歴史を感慨をもって振り返るとともに、難問が山積みの現状を一早い情報共有で乗り切っていきたいとした。

総会後の懇親会には大阪府遊協青年部会の段周精部会長、京都府遊協青年部会の白川智久部会長ら多数の来賓が臨席した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

日遊協で山田課長

日遊協総会で警察庁保安課山田課長が講話

2018/6/8

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年6月号

2018-6(1)
主な記事:

規則改正後初の大型連休 
遊技機の入替え控え臨んだGW商戦で示された分水嶺

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年5月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.