千葉県流通商、新システム再開に向けた支援を確認

OLYMPUS DIGITAL CAMERA千葉県流通商防犯協力会は6月21日、千葉市内のホテルで平成28年度定時総会を開催し、千葉ユニオンサーキュレーション(CUC)が運営する手数料制を軸とした新システムの再始動に対して、全面的に支援する方針を確認した。
 
開会の挨拶で高橋雄豪理事長は、遊技くぎ問題や高射幸性遊技機の撤去が終われば、次は必ず賞品買取所問題が突きつけられるのでは、との見通しを示した上で「健全で透明性のある賞品提供を実現するためにも、CUCの手数料制は不可欠なシステム。検討委員会でシステムの見直すべき点や課題を洗い直して、関係団体の協力を得ていきたい」と意欲的に語った。協力会では一昨年8月にCUCを設立し、10月から県内の一部ショップが新システムへ移行していたが、昨年2月にその運用が一時停止していた。現在まで新システム検討委員会において再開に向けた話し合いが行われており、当日の議案審議でも、この新システムへの全面支援を盛り込んだ事業計画案を承認するなどした。
 
総会終了後には来賓として、千葉県警察本部生活安全部長・宮内博文部長、同犯罪抑止推進室・粟飯原昌尚室長、千葉県遊協・田中幸也理事長らが臨席。行政当局からは、主に賞品買取所における防犯体制の強化が要請された。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.