同一シリーズ機の持ち込み制限が緩和

日電協はこのほど、同一シリーズ機の保通協への型式申請について、30日で3機種までとしていた自主規制を一部見直し、4機種までとすることを決めた。4月1日以降の型式申請から適用される。現行の5.5号機から5.9号機へと続く、自主規制対応機への移行を円滑に進められるようにすることが目的だ。  

この自主規制は、パチスロ機の適合率改善を図るために平成25年1月から実施されていたもの。規制対象が日電協加盟メーカーに限られていたため、日工組加盟メーカーや、非加盟メーカーとの不公平感を訴える声は以前から挙がっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.