同友会 回収対象遊技機の設置期限破った会員は資格停止に

同友会は8月24日に理事会を行い、日工組が提示した回収対象遊技機のうち8月末の設置期限となっている第一次、第二次リストの機種について、9月1日時点で設置していた会員企業を資格停止とすることを決議した。
 
また、12月末の設置期限となる第三次リストの機種についても、同様の対応となる。今後は理事会などを通じ全ての会員企業が達成できるよう周知徹底していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年9月号

主な記事:

拡大する第2波の影響も適正な対応で被害は最小限に抑止
拡がり始めた従業員の感染 大手ホール中心に確認相次ぐ

2019年度パチンコ・パチスロ依存問題対策実施状況報告書

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.