同友会はこのほど会員企業に対して、平成29年12月1日時点の新基準に該当しない回胴式遊技機設置比率の調査を行い、全店舗が当該遊技機の設置比率が30%以下であったと発表した。

10月理事会で、会員企業が経営する店舗において、当該遊技機が30%を超えている営業所があった場合、会員資格を停止する処分を決議していた。今回の調査結果について同友会では「今後も社会からの要請や業界の取り決め事項に合わせ、積極的に取り組んでいくよう、会員企業へ周知徹底していく」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.