同友会、新規ファン獲得に向けPR活動強化へ

同友会は5月21日、都内台東区のオーラムで定時理事会および第9回定時社員総会を開催し、新入会員としてフシミコーポレーション㈱(正会員)と㈱ファラン(賛助会員)の入会を承認したほか、定時社員総会において上程4議案を全て承認するなどした。
 
社員総会終了後に行われた記者会見であいさつにたった松田高志代表理事は、「今期は10月に予定されている設立20周年記念式典を一つの節目にして、同友会並びにこの産業の将来像をどう描いていくか、会員の皆様と新しい価値観を共有しながら、その方向性を定めていきたい」と述べた。
 
定時社員総会では、今期事業計画において、東日本大震災の被災地復興支援活動をはじめ、新規ファン獲得のための活動を継続して取り組んでいく方針を決議したほか、団体加盟している日遊協・遊技産業活性化委員会内における「PRワーキンググループ」での広報活動に積極的に取り組む方針を示すなどした。
 
総会終了後に行われた懇親会では、来賓として警察庁生活安全局保安課の大門雅弘課長補佐、全日遊連の青松英和理事長、日工組の金沢全求理事長、日電協の兼次民喜副理事長、日遊協の庄司孝輝会長などが出席。そのなかで、楠芳伸保安課長の祝辞を代読した大門課長補佐は、日頃の同友会活動を評価しながらも、業界には未だ遊技機不正改造事犯や賞品買い取り事犯などがあとを絶たないと指摘。各種違法行為に対しては、厳しい姿勢で対応する考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.