同友会、新規ファン獲得に向けPR活動強化へ

同友会は5月21日、都内台東区のオーラムで定時理事会および第9回定時社員総会を開催し、新入会員としてフシミコーポレーション㈱(正会員)と㈱ファラン(賛助会員)の入会を承認したほか、定時社員総会において上程4議案を全て承認するなどした。
 
社員総会終了後に行われた記者会見であいさつにたった松田高志代表理事は、「今期は10月に予定されている設立20周年記念式典を一つの節目にして、同友会並びにこの産業の将来像をどう描いていくか、会員の皆様と新しい価値観を共有しながら、その方向性を定めていきたい」と述べた。
 
定時社員総会では、今期事業計画において、東日本大震災の被災地復興支援活動をはじめ、新規ファン獲得のための活動を継続して取り組んでいく方針を決議したほか、団体加盟している日遊協・遊技産業活性化委員会内における「PRワーキンググループ」での広報活動に積極的に取り組む方針を示すなどした。
 
総会終了後に行われた懇親会では、来賓として警察庁生活安全局保安課の大門雅弘課長補佐、全日遊連の青松英和理事長、日工組の金沢全求理事長、日電協の兼次民喜副理事長、日遊協の庄司孝輝会長などが出席。そのなかで、楠芳伸保安課長の祝辞を代読した大門課長補佐は、日頃の同友会活動を評価しながらも、業界には未だ遊技機不正改造事犯や賞品買い取り事犯などがあとを絶たないと指摘。各種違法行為に対しては、厳しい姿勢で対応する考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.