同友会、自己申告プログラムに関するアンケート調査を実施

OLYMPUS DIGITAL CAMERA同友会は7月18日、都内台東区のオーラムで理事会終了後の記者会見を行い、自己申告プログラム導入に関するアンケート調査を実施したと発表した。

アンケート調査は正会員全62社に依頼し、この内45社が回答した。設問は「導入しているか、していないか」「導入する予定はあるか」「導入しない理由はなにか」の3問。報告によると、現在まで自己申告プログラムを導入している法人企業は20社・175店舗で、近く導入すると答えた企業が14社に上った。一方、導入する予定がないと答えた企業からはその理由としては、主に「入れ替えコストの問題」と「メーカーの対応状況」などが挙がったという。

会見ではこのアンケート結果を踏まえ、東野昌一代表理事が「全体的な傾向としては、多店舗展開している企業で導入が進んでいる状況が窺えたが、導入できない理由としては設備機器の問題を挙げる意見が最も多く、なかには会員システム自体、導入していないホールもあった」と説明。その上で、今後は業界全体で導入の流れが加速していく、との認識を示しながら、「未導入の法人に対して、これからどのようなアプローチをとっていくかが会としての課題だと考えている。幸い同友会には多くの設備機器メーカーが賛助会員として入会していただいているので、様々なケースを想定した上で、周辺機器メーカーの方たちと膝をつき合わせていきたい」と、導入に向け前向きな話し合いを行っていくと述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.