同友会が新年理事会「今年は独自の提言を発信していく」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA同友会は1月20日、都内台東区のオーラムで新年理事会終了後の記者会見を行った。
  
会見の冒頭、新年のあいさつとして東野昌一代表理事は「この業界に入って大変ではない年は一度もなかったが、今年も例年通り大変な年になる。同友会としては昨年12月25日の記者会見でお話したとおり、6項目の宣言を粛々と進めていきながら、国民に必要としてもらえる産業作りに努力していきたい」と抱負を語った。

当日の理事会は決議事項はなく報告事項のみ。そのなかで営業システム委員会より、同友会が作成した置き引き防止マニュアルの活用状況に関する説明があり、会員企業へのアンケート調査にもとづいて、効果の有無を検証することが報告された。
 
質疑応答では1月26日に予定されている賀詞交換会での同友会の宣言について質問が挙がり、東野代表理事は「宣言文はほぼ出来上がっている。趣旨は会員からの合意を得たので、あとは文言の調整をするだけになっている」と応えた。内容については社会からの信頼回復を強調しながら「12月25日の6団体の声明文に準じて、ファンが安心・安全に遊技出来る環境作りに取り組もうといった内容になる」と述べた。
 
また、今後の取り組みについては「同友会は政策提言集団だが、最近はやや控えめにやっている。今年はこの産業が進むべき方向が変わっていく大事な第一歩の年になるので、積極的に提言を発信していきたい。一方で、リベラルな動きができる組織でもあるので、いろいろな団体から上手に使っていただき、業界が前に進むことに汗をかきたい」と、独自カラーを打ち出しながらも、他団体との連携強化を図っていく考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.