同友会忘年会に会員、賛助会員企業から200名が参加

OLYMPUS DIGITAL CAMERA同友会(東野昌一代表理事)は12月16日、都内台東区のオーラムで12月度定例理事会終了後に忘年会を開催し、正会員、賛助会員、業界マスコミなどおよそ200名が参加した。
 
当日の理事会では新規賛助会員として大成工務㈱(愛知県名古屋市)、㈱ケーエスピー(東京都千代田区)の2社の入会を承認したほか、11月30日に開催された遊技機検討WGでの協議内容、機構が発表した遊技機性能調査の結果に関する報告が行われるなどした。また「今後の遊技機」として11月25日に行われた警察庁からの説明、ならびに12月10日に日工組からホール5団体へ発信された文書の内容、さらに当日16日に行われた日工組によるホール5団体への説明会の内容などが報告されるなどした。その他、人材活用、営業システム、経営戦略の各委員会からそれぞれ活動報告が行われた。

理事会終了後の忘年会では東野代表理事が「今年も大変厳しい一年になったが、私が業界に入った頃からずっと同じように言われていた。この厳しさはこれからも続いていくと思う。業界にはいろいろな団体があり、様々な考え方が存在する。同友会は政策提言団体としてこれまで新しい提言を発表してきたが、最近は全日遊連や日遊協についていく大人しい団体のイメージになっていた。来年は是非、同友会独自の考えを話し合い、明日の糧になるような政策、社員の未来が見えるような取り組みを提案していきたい」とあいさつを行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.