回胴・東北支部87名が「広瀬川1万人プロジェクト」に参加

回胴遊商・東北支部(佐々木斉支部長)は9月27日、社会貢献活動の一環として「広瀬川1万人プロジェクト」に参加。ボランティアとして同支部の組合員87名が、宮城県仙台市を流れる広瀬川流域で清掃活動に汗を流した。
 
このプロジェクトは杜の都・仙台のシンボルである広瀬川の自然環境を守るために、市民・企業・行政などで組織されたもので、100万都市仙台の1パーセントとなる「1万人」をキーワードにボランティア活動を展開している。回胴遊商・東北支部の参加は昨年に引き続き2回目となった。
 
清掃活動は朝10時から12時まで2時間にわたって実施され、主にたばこの吸い殻や空き缶、ペットボトルなど全体で50リットルのポリ袋20個分のごみを回収した。活動を通じて参加者からは「杜の都・仙台のシンボルである広瀬川の自然環境を守る活動に参加できて良かった」、「来年以降も継続して参加したい」といった声が寄せられたという。
 
なお、清掃活動終了後には、回胴遊商・東北支部の活性化及び組合員の親睦を図ることを目的に懇親会も行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協の型式試験、パチンコの適合率が今年最高水準に

2020/12/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.