回胴遊商、今年も幼児の車内放置ゼロに向け巡回

啓蒙VTR回胴遊商は4月23日、組合員各社に属する社員らが、取引先のホールを訪れた際に駐車場を見回ることで、幼児が車内に放置されていないかどうかを確認する巡回活動を、今年も実施していくことを発表した。同活動は平成17年から行われており、今年で14年目となる。

気温が上昇しはじめる5月1日〜10月末日までの6カ月間を強化月間とし、そのなかでも猛暑が続くと見込まれる7月1日〜8月末日までの2カ月間を特別強化月間として警戒にあたる。特別強化月間中は、駐車場に到着した時と帰る時の両方で巡回を実施。幼児の車内放置ゼロを目指す考えだ。

また同組合では、平成23年から組合員が巡回活動中であることを分かりやすく示すためにメッシュ地の「ビブス」を制作し、組合員・特別会員・賛助会員らに配布。このビブスを活用するように周知しているという。

さらに昨年からは、「幼児車内放置ゼロ」巡回活動に関する啓発ポスターに加え、このポスターと連動したオリジナルLINEスタンプを作成。活動の活性化を図っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

国会議事堂

政府がギャンブル等依存症対策推進基本計画を閣議決定

2019/4/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年4月号

2019-4
主な記事:

次世代型遊技機に帯びる熱
依存対策が新たな推進要素に

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.