回胴遊商、関東・甲信越支部の地区研修会を実施

%e5%9b%9e%e8%83%b4%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9aweb回胴遊商は7月26日、関東・甲信越支部の組合員を対象とした地区研修会・支部会を都内港区の第一ホテル東京で開催した。

研修会では、通常総代会の報告をはじめ、各委員会の活動計画などを担当委員らが説明。そのうち関東・甲信越支部の新井春行支部長は、コミュニケーションアプリのLINEを使った支部組合員間の連絡システムを構築したことを伝えたほか、相互扶助の精神に則った組合活動を呼びかけた。また研修会には、今期から新たに選任された大饗裕記理事長ら執行部も出席。挨拶した大饗理事長は、「今は不安もあるが、あきらめずに日電協と一緒にパチスロを復活させていきたい」との決意を表した。

行政講話では、警視庁生活安全部保安課の酒井文博係長が登壇した。酒井係長は、組合が力を注いでいる社会貢献活動に敬意を表しながら、風営法に基づいた正確な手続きの履行や、不正改造の根絶に向けた取り組みを要請。そのうち、認定申請で実際にあった事例として、「認定申請後、故障していたことが発覚して申請を取り下げた事があった。きちんと点検確認をしていたのかが疑われるケースだ。取扱主任者による保証書は、公安委員会に提出する重要な書類。危機意識、責任感を持って業務を遂行してほしい」と注意を促すなどした。

さらに酒井係長は、いわゆる闇スロ問題にも言及。「摘発した店舗から押収したものは、4号機がほとんどだが、5号機も含まれている。回胴式遊技機が賭博の道具として使われないように、設置から廃棄までの管理を徹底してほしい」と協力を求めた。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、正しくは上が「郷」ですが、ご覧の環境によっては正しく表記されない場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.