回胴遊商が全国支部における研修会をスタート

回胴式遊技機商業協同組合が全国の支部において研修会を随時開催している。

7月18日に東京港区の港区の第一ホテル東京において行われた関東・甲信越支部の研修会では、本部役員、支部組合員、特別・賛助組合員ら251名が参加した。

成田茂支部長の挨拶に続いて挨拶に立った伊豆正則理事長は、中古流通制度の厳格な運用、セキュリティ強化を推進するために、来年度から新スキャナーとNEC製の顔認証システムの導入などを予定していることを説明。さらに「娯楽というのはこれまで規制のなかで動いてきた。だが今は、『規制』から『制御』という新しい時代にきているのではないか」と指摘した。

行政講話を行った警視庁保安課風俗営業係の川崎光徳係長は、遊技機の健全な流通のための環境整備、闇スロ撲滅などの犯罪抑止の取り組み、パチンコ業界の更なる健全化の取り組みの3点について言及し、遊技機の流通における取扱主任者の点検確認の重要性を改めて指摘するとともに、健全な流通の維持を強く要請した。

研修会では回胴遊商総代会や理事会の報告、また各委員会からの報告や活動計画の説明などが行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

遊技場数が大幅減 業容縮小に拍車

2019/3/8

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.