回胴遊商が組合員の労働環境の実態調査を実施へ

回胴遊商の伊豆正理事長は、1月18日に行われた関東・甲信越支部の研修会における挨拶の中で、販売業者の労働環境が悪化していると憂慮を示し、組合員に対する実態調査を行う考えであるとした。
  
伊豆理事長は発言の中で、「遊技機の設置や部品交換の夜間作業は、劣悪な労働環境になっている。回胴遊商組合員に対して労働環境の実態を調査する」などとし、特定日の深夜に集中している遊技機の設置作業について、組合を挙げて現状を調査し、改善を進めていきたい意向を示した。
 
伊豆理事長は「表面化すれば非常に大きな社会問題となる恐れがある」ともしており、実態調査の結果を通して、4月からスタートする新流通制度の影響も見据えながら対策を講じる構えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.