回胴遊商が組合大会を実施、講演会では葉梨議員が風適法を解説

IMG_0553回胴遊商は5月24日、都内文京区の東京ドームホテルで平成28年度組合大会を開催した。

挨拶した伊豆正則理事長は、組合大会前に行われた総代会での審議が滞り無く終えたことを報告したのち、4月1日からスタートした新しい遊技機の流通制度について言及。「一つ一つ状況に則した効率的な運用を確立していかなければならないが、業務量の増加に伴い、労働環境は悪化することが予想される」と危機感を表し、労働環境の改善に向けて、積極的に取り組む姿勢を示した。

行政からは警察庁保安課の大野敦係長が出席し、小柳誠二課長の挨拶を代読。不正改造事犯や違法な広告宣伝が後を絶たないなど、業界の健全化を阻害する要因について触れたほか、新たな遊技機の流通制度について、「この制度が適切に運用されるかどうかは、現場での取り組み如何によることも大きいと感じている」と組合員らに呼びかけた。

また当日は、組合大会終了後に、警察庁OBで自民党副幹事長の葉梨康弘衆議院議員を招き講演会を実施した。葉梨議員は、昭和59年の風適法改正に携わった経験を踏まえ、改めてその主旨を解説。技術介入性や一時の娯楽性など、遊技が賭博とは一線を画しているポイントを説明するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.