2018埼玉県遊協 全景 3埼玉県遊協は6月7日、さいたま市内のラフレさいたまで第51回通常総会を開催し、引き続き依存問題への対応に力を入れていく方針を確認するなどした。

総会冒頭の挨拶で山田茂則理事長は、一昨年、昨年と遊技機の撤去というホール営業に負担を強いる施策が続いたことで、組合員の協力に感謝の言葉を述べた上で、「私たちの業界は今、射幸性を下げ、いかにのめり込みを減らすかが社会からの要請となっている。それに伴う新規則機を営業で活かせなければ、業界の縮小が続くことは間違いない。依存問題の解決だけではなく、これまでの考え方や営業のあり方も見直し、社会が受け入れてくれる業態に戻す必要がある」と述べるなどした。

来賓挨拶では、埼玉県警察本部生活安全部の佐伯保忠部長が、業界が行う依存問題への積極的な取組みを評価し、「引き続き規則改正の趣旨を理解のうえ、適正な対応をしていただくことと合わせ、法令遵守による健全営業を推進し、パチンコが身近で手軽な大衆娯楽として県民に親しまれ定着することを期待したい」と述べるなどした。
 
総会前には全日本社会貢献団体機構の助成事業内定式が行われ、日本とフィリピンの子どもたちのアートを通じた友だちづくりに寄与する「映像と墨絵で描くわたしのふるさと」実行委員に対して、山田理事長から内定証が手渡された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.