埼玉県遊協総会 サブ基板問題で危機感示す

埼玉県遊技業協同組合は6月6日、大宮市内のパレスホテルで第47回通常総会を開催した。
 
総会冒頭の挨拶で山田茂則理事長は、今総会で掲げた4項目のスローガン案をそれぞれ解説するかたちで業界の現状を語り、「我々は大衆娯楽の域を超えた営業を行ってはいけないのは言うまでもないことだが、たとえ風適法に基づき、また機械規則に基づいた遊技機を使っていても、社会が容認しなければ4号機の終わり頃のようになる」とし、現在、問題になっている5号機のサブ基板改修問題の展開に不安感を示した。一方で、今回の改修問題では責任の所在や背景が曖昧なままであることを疑問視。「許可を受けた遊技機でも大衆娯楽の域を超えるようであれば、かつてのセブン機3割規制のようなものを考えなければならないかもしれない」と述べるなどした。
 
また、スローガンに掲げた高コスト体質の改善についても、「今の高コスト体質は機械代の問題に尽きるが、かつて公正取引委員会に行った際も『ならば買わなければいいのでは』と言われたこともある。そうはいかない事情が我々にはあるが」と述べ、社会の通常の考え方と業界環境が乖離している点を指摘。考え方自体を改める必要性を強調した。
 
議案審議では上程案件を全て可決承認。役員の補充選任では、7名の新理事を選出したほか、総会後の理事会では勇退する北嶋順久専務理事の後任に山田効氏を選出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.