大阪福祉防犯協会の加盟ホールが防犯カメラ設置で地域貢献

%e5%a4%a7%e9%98%aa%e7%a6%8f%e7%a5%89%e9%98%b2%e7%8a%af%e5%8d%94%e4%bc%9a%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e8%b2%a2%e7%8c%ae大阪福祉防犯協会では、防犯および事故防止を目的に、公共空間に向けた街頭防犯カメラを会員ホールの敷地内に設置し、安心・安全なまちづくりに貢献している。

昨年は「ザ・チャンス7」「がちゃぽん菱江店」「パーラーパティオ香里園店」「ベガス1700枚方店」の4店舗、今年前半は「べラジオ大東店」「ガリバー大東店」の敷地内にそれぞれ防犯カメラを設置。見通しの悪い公・私道や事故の多い交差点、歩行者にとって死角の多いエリアなど、所轄警察署のアドバイスを受けながら設置運用を行っている。

犯罪抑止効果や警察への資料提供の面から近年、防犯カメラの普及は駅、道路、公園といった公共空間で拡がっているが、同協会でも地域の防犯活動に貢献したいとの思いから年間200万円の予算をとって7店舗の設置を目標に、監視カメラの設置・運用を展開している。同協会では「効果的な防犯カメラの運用を研究しながら、地域に役立つネットワークづくりに取り組んでいる。今後も会員ホールからの協力を得ながら監視カメラの設置を増やしていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.