宮城県遊協が新年経営者研修会

宮城全景1宮城県遊協は2月2日、仙台市内のパレスへいあんで新年経営者研修会を開催した。研修会では、県警担当官の講話のほか、矢野経済研究所の石野晃上級研究主任による講演、さらには竹田隆理事長による遊技産業活性化委員会の活動状況についての報告が行われた。
 
研修会の席上、竹田理事長は、行政から取り組みを急ぐよう求められている射幸性の抑制と関連し、活性化委員会内に設けられた遊技機ワーキングの動向を説明。これを元に、日工組がどのような対応を図るかに注目する必要があるとした上で、「今のパチンコに求められるのは、現在、遊んでいただいているファンとパチンコを止めてしまった人へのアプローチという2つの側面があるが、今までのやり方の延長では来店客が減り続けることは間違いない。遊技人口を増やすために、知り合いを1人でも誘おうという意見を聞くことがあるが、多くの業界関係者ですら遊ばなくなったものを誘えるのか考えて欲しい」と述べ、遊技機を取り巻く環境の改善に意欲を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年9月号

主な記事:

拡大する第2波の影響も適正な対応で被害は最小限に抑止
拡がり始めた従業員の感染 大手ホール中心に確認相次ぐ

2019年度パチンコ・パチスロ依存問題対策実施状況報告書

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.