富山県遊協総会、山本理事長が再選で6期目に

富山県遊技業協同組合が5月28日、ANAクラウンプラザホテルにおいて通常総会を開催し、役員改選などの審議を行った。役員改選では現職の山本容基理事長が6期目の再任を決めた。

総会冒頭に挨拶を行った山本理事長は、ファン離れについて憂慮の念を示し「原因は一つではない。遊技機価格の高騰、不公正な商慣習などもあるが、何と言ってもハイリスク・ハイリターンの営業、提供価格が仕入価格を下回るといういわゆる『業界等価』もファンの不信感の原因ではないか」と指摘。さらに賞品提供について言及し、「風適法の観点から当県でも昨年来、行政との調整を行ない、今年2月から賞品価格を適正に是正した」などと報告した。

来賓では富山県警察本部生活安全部の中木幹夫部長、同・生活安全企画課の中陳昌代調査官が隣席。挨拶を行った中木部長はその中で、駐車場防犯や暴力団排除などへの組合の積極的な協力に対して謝意を述べるとともに、今後とも県警の目指す「犯罪の起きにくい街づくり」への理解と協力を要請した。一方、中陳調査官はホール内で頻発する置引などの犯罪抑止を求めるとともに、不正改造防止、賞品の適正な取扱、広告宣伝について注意を促した。特に賞品の適正な提供については、風適法における等価交換の意味合いを改めて強調するなど適正な取り扱いを求めた。

総会では事業関係、収支関係、任期満了に伴う役員改選選出の件など11の議案を審議。事業報告では県内の概況について「76店舗933台増、全国同様に寡占化傾向が強まっている」などと報告された。任期満了に伴う役員選出では指名推薦によって選ばれた理事によって理事会を行い、理事長に山本氏、副理事長に現職の永森豊隆氏、澤田修宏氏を選出、総会で承認された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年11月号

主な記事:

半導体に続き樹脂や金属類も不足、周辺機器市場へも影響与える
深刻化する部材不足による新台の停滞 試練続く経過措置期間の遊技機環境

「レジャー白書2021」発表 コロナ禍の余暇市場まとめる
新型コロナ禍が拍車掛け市場規模も大幅縮小 求められる「ファン人口」より「参加人口」拡大の施策

ホール企業と組合が各地で職域接種

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑪ 日工組理事長 榎本善紀氏

話題の新サービス ダイコク電機「スマート入場システム」

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ①「業界動向10大キーワード」

幕張メッセで「東京ゲームショウ2021」開催

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.