山形県遊協総会、井上理事長以下執行部が再任

山形県遊技業協同組合は6月18日、山形市内のホテルメトロポリタンで平成26年度の通常総会を開催し、井上静夫理事長の再選を決めるなどした。
 
総会冒頭の挨拶で井上理事長は、ファン人口の減少傾向について「お客様をあっといわせ、どきどきワクワクできる遊技機を送り出す必要があると思う。そのこと自体は遊技機メーカーにも伝わっていると思うが、まだまだ知恵と工夫が必要な状況」と業況の厳しさを示す一方、消費税率のアップに伴って賞品交換時における市場等価の徹底を促した件では、全組合員ホールが遵守していることに感謝を示した。
 
議案審議では上程案件の全てを承認。任期満了に伴う役員改選では、井上理事長が再選を果たしたほか、金村鍾文氏、渋谷昭一氏、増井浩一氏、権昌容氏の4副理事長に熊坂榮吉専務理事を加えた現執行部全員が留任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.