岡山県遊協総会、行政担当官は釘曲げ事犯の絶無を要請

OLYMPUS DIGITAL CAMERA岡山県遊協は6月19日、岡山市内の岡山プラザホテルで平成27年度の通常総会を開催した。総会では、今年4月1日付けでの青年部会発足が報告されたほか、昭和58年から毎年行われている組合員による献血奉仕活動(=写真)が実施されるなどした。

決議された今年度の事業計画には、射幸心をそそる広告・宣伝を自粛し、真の大衆娯楽として遊技人口の回復を図ることや、のめり込み対策の推進などが盛り込まれた。このうち、のめり込み対策としては、チラシへの標語挿入や、リカバリーサポート・ネットワークの利用促進に力を注いでいく方針が示された。

挨拶した松村高男理事長は、ファン人口の減少に危機感を表しながら、「いかにして歯止めをかけるかが大きな課題。カジノ法案に伴う依存症問題も取り沙汰されている。こんな時こそ、業界が一つになって立ち向かわなければならない」と協力を呼びかけた。

行政当局からは、岡山県警本部生活安全企画課の間野洋児課長が臨席。挨拶した間野課長は、釘曲げによる不正改造事犯について言及し、「釘曲げは悪質な不正改造。無承認変更であることはもちろん、風適法違反でもある。少なくとも行政が把握している釘曲げ事犯については、釘の劣化によるメンテナンスというものではなく、意図的に遊技性能を改造して、過度に偶然性に頼った遊技機を創出していることが疑われる」と指摘し、不正改造事犯の絶無を要請した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.