岩手県遊協総会 問題ある遊技機の早期回収への協力を確認

岩手2016岩手県遊協は5月26日、盛岡市内のホテルメトロポリタンニューウィングで通常総会を開催し、上程案件の全てを承認した。

総会冒頭の挨拶で秋山照明理事長は、昨年来の遊技機を取り巻く環境の混乱を総括し、「先の衆議院内閣委員会で国家公安委員長から警察行政としての明確な意思が示された通り、我々は問題のある遊技機の早期回収、高射幸性機の優先撤去などを着実に進めていかなければならない。ほかにものめり込み問題への対応や置き引き対策などの課題もある。遊技機の入替自粛では社会的な評価をいただいているように、我々は社会と協調して発展していくのが我々のあるべき姿であり、組合員一人一人の英知を結集し、この難局を乗り越えていきたい」と述べるなどした。

来賓挨拶では、岩手県警生活安全部の伊藤徳博部長が、県内の犯罪情勢を説明するとともに、パチンコ営業については過度な広告宣伝や遊技機の不正改造に注意を促し、健全な娯楽として広く親しめる業界作りを求めた。

議案審議では上程案件は全て可決承認された。総会終了後には、県警担当官による県の風営法施行条例の改正についての説明会がなされた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.