島根総会、洪錫圭理事長が5期目の再選

島根総会2016島根県遊協は6月16日、松江市のホテル一畑で通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で洪錫圭理事長の5期目の再選を承認した。冒頭の挨拶で洪理事長は、「それぞれが個々の事だけを考え、危機感もなく、学習能力さえも失って自らを滅ぼすことのないように、今こそスクラムを組む必要がある。しばらくフラストレーションの溜まる営業を強いられることになるが、足を踏み外すことのないようにして欲しい」と語った。

来賓には、島根県警察本部生活安全部の榊原優二部長が臨席し、不正改造、射幸性の抑制、賞品買い取りの3点について注意を促した。不正改造については「県民の信頼を損なうものであり、業界を挙げて適正な遊技機への入れ替えを進めて頂きたい」と述べた。 総会では7つの議案が可決承認され、洪理事長の再選と村田勝彦理事の副理事長就任を承認。事業計画では、遊技機関連の諸問題について早期解決に向けた取り組みを推進するほか、県独自のファン感開催や積極的な社会貢献活動などを盛り込んだ。

当日は、島根県遊協と島根県防犯協力会、しまね福祉防犯協力会の3団体が、日本赤十字社島根支部、島根県防犯連合会など5つの団体に合計810万円の寄付金を贈呈した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.