平成27年のホールの社会貢献実績は総額15億1,432万円

全日遊連などの協力で設立され、各種助成事業やホール団体などの顕彰事業を行う全日本社会貢献団体機構(堀田力会長)によると、昨年1年間における全国のホール団体やホール経営企業が行った社会貢献活動は、総額で15億1,431万5,342円、件数にして1万8件だった。拠出額は対前年比で6.3%ほど減ったが、件数はほぼ横ばい。団体機構の榊原光裕専務理事は、「額が減っているとはいえ、過去12年の推移でみると決して低い方ではない。厳しい状況の中で一所懸命、社会貢献活動を行っていることが窺われる」と評価した。
 
拠出内訳は、現金が6,382件で11億6,410万円、物品が3,626件で3億5,022万円。拠出元の内訳はホール企業が51%を占め、都府県方面遊協が28.4%、支部組合が16.
6%だった。
 
また、拠出内容は社会福祉関係が3割を占め、以下、地域貢献、青少年育成、災害救助、交通関係、防犯関係、暴排関係、さらには学術・文化など多岐に渡った。榊原専務理事によると、全日遊連として力を入れている青少年育成関係と交通関係での伸びがみられた。また、防犯カメラの設置協力も増えており、事件解決に役立っている事例も出てきているという。
 
さらに、金額換算できないボランティア活動では、清掃や献血、震災ボランティアのほか、チャリティ活動、施設慰問など総計2,106件の幅広い活動が全国で展開された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.