広島県遊協総会、新理事長に延川章喜氏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA広島県遊協は6月17日、広島市内のホテルで平成28年度の通常総会を開催し、一身上の都合によって辞任していた山本祖助前理事長に代わり、副理事長の延川章喜氏を新理事長として承認した。

開会に向けた挨拶で、検定機と性能の異なる可能性のある遊技機問題に触れた延川新理事長は、メーカーの製造者責任を指摘しながらも「だからといって我々ホールがこの先もずっと設置し、営業を続けていいとはならない。入れ替えには莫大なコストが強いられるが、自らの手で終止符を打ち、ファンに安心して遊んでもらえる営業環境を構築していかなければならない。6月24日から26日まで開催される広島県独自の感謝デーの期間中に、ファンへその思いを伝えていきたい」と撤去回収に理解と協力を求めるとともに、射幸性を落としたパチンコ営業への取り組みを呼びかけた。

議案審議では予算案をはじめ事業計画案など6議案を上程し、拍手によって全議案を可決承認した。事業計画では、遊技客の参加人口の回復のための施策を策定したほか、「新基準に該当しない遊技機の取扱いについて」および「高射幸性遊技機の取扱いについての合意書」を強力に推進することを盛り込んだ。

総会終了後に行われた行政講話では、広島県警察本部より寺岡伸和生活安全部長が臨席。伊勢・志摩サミットおよび広島で開催されたG7外相会議開催に伴う遊技機入れ替え自粛に対して謝辞を述べる一方で、遊技機の不正改造事犯や、違法な広告宣伝など、業界が抱える諸問題の早期解決を要請するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.