愛知県遊協が総会、総額1090万円の福祉寄金を贈呈

IMG_6128愛知県遊協及び愛知県遊技業防犯協会は5月25日、名古屋市内で通常総会を開催した。

冒頭で挨拶した西原英烈理事長は検定機と性能が異なる可能性のある遊技機の撤去・回収問題において、先の衆議院内閣委員会で国家公安委員長が「極めて大きな問題と認識しており、しっかり対応していきたい」と答弁したことに触れ、「今後とも、メーカーはもちろん、我々ホールにも厳しい指導が予想される。苦難を乗り越えるための基本は法令遵守を徹底し、一般社会やそれぞれの地域社会に信頼され、健全に遊んでもらえる遊技場に徹すること」と語った。

議案審議では上程議案全てを可決。役員選任の件では理事の一部退任に伴い、3名の理事を選任した。

議案審議後には福祉寄金贈呈式及び永年勤続社員の表彰式を開催。福祉寄金の贈呈式では愛知県、名古屋市など計17団体に総額1,090万円にのぼる福祉寄金が贈られた。

来賓挨拶では行政から愛知県警保安課の松木博志課長が登壇。鈴川信視生活安全部長の祝辞を代読するなかで、昨年に子供の安全対策を強化するための監視カメラ寄贈、翌日に迫っていたサミット開催に伴う入替自粛等の協力に感謝の意を示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.