新型コロナ対応で札幌方面が広告宣伝の自粛を延長

札幌方面遊協は3月31日、全日遊連からの要請を受けて3月末までの予定で実施していた広告宣伝行為の自粛を4月15日まで延長することを決めた。
 
新型コロナウイルス感染症対策では、東京都内の感染者急増を受けて改正特措法に基づく対策本部が政府内に設置され、緊急事態宣言が発令されてもおかしくない状況にあることから、集客を目的とした新台入替や各種イベント、設置済み遊技機の告知をはじめホールのイメージ広告などを含む全ての広告宣伝の自粛を4月15日まで継続。15日以降については、その時点での感染状況などを踏まえて再度検討するとしている。
 
また、道内における営業時間短縮については、当初3月9日から19日の期間、午前10時から午後10時までとして実施していたが、期間を延長して今月31日まで行った。
 
札幌方面遊協では、「各組合員にあっては、各種媒体を通じての広告宣伝の自粛を継続してお願いしたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.