新宿区内の都遊連傘下4組合が区に福祉車両

新宿連合会東京都遊連の傘下組合で新宿区内にある新宿、戸塚、牛込、四谷の4組合で構成する新宿区遊技場組合連合会は4月5日、新宿区に対して福祉車両を寄贈した。
 
新宿区役所の区長室で行われた寄贈式では、4組合を代表して牛込組合の原田實組合長が吉住健一区長に車両の目録を寄贈、吉住区長からは感謝状が贈られた。寄贈された車両は、区の社会福祉協議会が活用する。
 
寄贈式で原田組合長は、「このたび、53年間に渡って営業してきたパチンコ店を都市再計画の関係で閉めることになった。本日が遊技場組合としては最後の仕事になるが、地域の方々に支えられてきたことへのわずかばかりでも恩返になれば幸い。今後は地区の防犯協会や区の伝統行事である流鏑馬保存会の会長として、少しでも地域のお役に立つよう務めていきたい」と挨拶した。
 
これを受け吉住区長は、「車両は大切に使わせていただきたい」と、あらためて4組合に感謝の言葉を述べるとともに、都遊協及び全日遊連の理事長職を務め、暴力団排除活動を展開するなどした原田氏をねぎらった。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.