日工組がアタッカー開放時間を1.8秒以上とする新内規

日工組は2月下旬、全ての大当りにおけるアタッカーの開放時間について、1回あたり「1.8秒」を下限とする新内規を決議した。5月15日の型式試験申請分より適用する。

現在のパチンコ機にはアタッカーが短時間で開閉を繰り返す、いわゆる「パカパカ」を搭載するケースが多い。特に最初の5Rは通常の開放で、6R~15Rまではパカパカといった搭載パターンがよくみられることから大当り後半は玉を打ち出しても出玉が増えない状況が生じていた。

今回の新内規ではこれを規制。1回の開放時間を1.8秒以上とすることで、大当り中に玉を打ち出せば出玉が増える環境を整えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.