日工組が依存・のめり込み対策などの方針について会見

日工組は5月18日、都内中央区の組合事務所で記者会見を開催し、依存・のめり込み対策として打ち出した申し合わせの内容、多種多様化を軸にした今後の開発方針、ECO遊技機などについて説明を行った。会見には金沢全求理事長と技術担当の渡辺圭市理事が臨席。金沢理事長が基本方針を示し、詳細について渡辺理事が解説するスタイルで行われた。
 
冒頭で金沢理事長は「ファン人口の減少を補うために、我々メーカーは売上が上がる射幸性の高い機械を提供してきたが、それがファンのさらなる減少とのめり込み問題に関連してきたと反省している。あまりにも遊技代金が掛かりすぎることが大きな問題」と申し合わせの決定に至った経緯を説明するとともに、「大当り確率1/399のMAXタイプが残ったなかで1/319の機種をファンに受け入れてもらうために、どのような面白さをプラスしていくのか。その課題を各メーカーが模索している。射幸性の高い機種を好むファンもいるのでメリットとデメリットがあるが、メリットのほう大きいと思っている」との認識を示した。
 
今回の取り決めを「内規」ではなく「申し合わせ」としたことについては、渡辺理事が「この施策が適しているのか分からない部分もある。状況を見ながら臨機応変に対応するために申し合わせにした」と述べ、市場環境を見ながら、申し合わせの内容を変更していく可能性があることを示唆した。
 
また、金沢理事長は「今までのMAXに比べればダウンするが、1/319でもある程度瞬発力のある機械は出てくる。その機械ばかりを提供していけば、今までと変わらない」とした上で、ミドル以下の射幸性を念頭に置いた多種多様な機械の提供を推進する必要性を強調。開発にあたっては、遊技産業活性化委員会などを活用し、ホール側の意見を反映させていくとした一方、「日工組としてスピード感のある取り組みもやっていく」と独自の取り組みも平行して模索くしていく意向を示した。
 
ECO遊技機については渡辺理事が言及。「いろいろと説明してきたが、全日遊連には同意を得られなかった。説明不足もあったが、一定の説明責任は果たしたと思っている。今後も理解を得られる努力はしていくが、日工組としては設計と方向付けを進めていきたい」としたほか、「共通本体でやりたいが、今のセブン機のゲーム性が変わらなければ市場は変わらない。価格が下がったとしてもファンにメリットがなければファンの増加には繋がってこないと思っている。射幸性の高いものを作る気はないが、ゲーム性を変える開発自由度の確保も含めて開発を進めていきたい」と語った。
 
このほか、積極的な情報発信を進めていく意向も示した。金沢理事長が「パチンコをやらない人や一般社会からこの業界は好ましくないといった言われ方をされる場合が多々あるが、勘違いされていることは違うとアピールする必要もある」とし、社会全般への広報をはじめ、ECO遊技機を含めた機械づくりの方針などについて、理解を得るための情報発信を強化していくとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

AQUA 外観2(アーケード下)

都内月島のパチンコ店「AQUA」が海外建築賞受賞

2018/11/13

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.