日遊協 回収対象遊技機に関する日工組説明を会員に通知

日遊協は6月3日、全会員に向けて「回収対象遊技機に関する今後の通知予定について」という文書を発出した。文書では6月2日の会合における「検定機と性能が異なる可能性のある型式遊技機」に関する、日工組の説明内容が記されている。
 
まず、回収対象遊技機の調査については6月中旬にすべて終了し関係団体に通知される見通しで、調査対象遊技機は2014年、2015年に検定を取得したもの、とされた。2013年に検定を取得したものについては既に調査が終了しているという。撤去回収の期限については、12月末日までに回収できるように関係団体と協議を進めるとの意向が示されている。
 
また文書では、今回の措置に伴い、第1次、第2次報告の際と同様、回収対象遊技機の一覧表(リスト)が日工組から通知され次第、該当した遊技機の型式の変更承認申請や認定申請をしないよう注意も添えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.