日遊協 熊本地震の被害状況と支援対策の途中経過を報告

日遊協は4月28日、熊本地震に伴う九州支部会員の被害状況と、義捐金やボランティア対応の途中経過(いずれも4月21日時点)をまとめた。

ホール企業の被害状況は下記の通り。

【熊本県内に本社がある会員企業】
・大劇(熊本市、ホール)=10店舗中半数が営業不能。社員は無事 
・司観光開発(玉名市、ホール)=11店舗中3店舗が営業不能。発生時、店内でけがをしたお客様があり、直ちに閉店した
  
【その他、熊本県に店舗がある会員企業】
・三宝商事(本社・長崎市、ホール)=2店舗が天井落下で営業不能
・テンガイ(本社・福岡市、ホール)=3店舗中2店舗は水が通れば営業可能。1店舗は天井落下で営業不能
・タイラ ベストビート(本社・福岡県小郡市、ホール)=1店舗だが被害は小さく通常営業
・マルハン(本社・京都市、ホール)=2店舗が営業見合わせ
 
義捐金・ボランティア対応では、日遊協本部が熊本県「熊本地震義捐金」に150万円、NPO法人「難民を助ける会」に50万円を寄付するとともに、被災会員企業個々に対しても見舞金を送付した。一方、九州支部は、飲料水ペットボトル50ケース(1200本分)とカップ麺100ケース(1200食分)の救援物資を援助した。今後は、九州支部ボランティア隊による活動と、支部総会等で募金の実施を予定している。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.