日遊協 熊本地震の被害状況と支援対策の途中経過を報告

日遊協は4月28日、熊本地震に伴う九州支部会員の被害状況と、義捐金やボランティア対応の途中経過(いずれも4月21日時点)をまとめた。

ホール企業の被害状況は下記の通り。

【熊本県内に本社がある会員企業】
・大劇(熊本市、ホール)=10店舗中半数が営業不能。社員は無事 
・司観光開発(玉名市、ホール)=11店舗中3店舗が営業不能。発生時、店内でけがをしたお客様があり、直ちに閉店した
  
【その他、熊本県に店舗がある会員企業】
・三宝商事(本社・長崎市、ホール)=2店舗が天井落下で営業不能
・テンガイ(本社・福岡市、ホール)=3店舗中2店舗は水が通れば営業可能。1店舗は天井落下で営業不能
・タイラ ベストビート(本社・福岡県小郡市、ホール)=1店舗だが被害は小さく通常営業
・マルハン(本社・京都市、ホール)=2店舗が営業見合わせ
 
義捐金・ボランティア対応では、日遊協本部が熊本県「熊本地震義捐金」に150万円、NPO法人「難民を助ける会」に50万円を寄付するとともに、被災会員企業個々に対しても見舞金を送付した。一方、九州支部は、飲料水ペットボトル50ケース(1200本分)とカップ麺100ケース(1200食分)の救援物資を援助した。今後は、九州支部ボランティア隊による活動と、支部総会等で募金の実施を予定している。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.